老化を促進させる食べ物!美容に気を付けるなら絶対避けたい食べ物

老化促進

今の時代は、老化を予防したいと考えている人や美意識の高い人が多くなっていますが、その中で、重要な事は、口にする食べ物に注目する必要があります。今回は、老化を促進してしまう食べ物について紹介しますので、老化予防に参考にしてみてくださいね。

空腹を満たしてくれるだけでなく、心の健康のためにも食べたくなるのがおやつですが、カロリーや塩分量が気になると思います。間食は太ってしまう考えている人も多いと思いますが、それだけでなく、老化に繋がってしまうともいわれています。急にシミやシワが増えてきたと感じたら実はおやつが影響となっている可能性もあります。

・小麦粉を使ったおやつです。ケーキや焼き菓子など小麦粉を使ったおやつはたくさんあります。しかし、小麦粉は老化の原因となると言われています。小麦粉に含まれているグルテンによるもので、グルテンを摂取することにより、エイジスと呼ばれる肌老化を促進させる物質を生成してしまうのです。

毎回、おやつのたびに小麦粉を使ったものを摂取することにより、エイジスが蓄積されてしまい、皮膚のたるみやシワ、くすみ、シミなどが出来てしまい老化に繋がってしまいます。また、骨や内臓の老化も促すので、体全体がダメージを受けてしまうと言われています。焼き菓子が食べたいと感じた際には、小麦粉を使ったのもでなく、米粉を使ったものを食べるのがお勧めできます。

・白砂糖を使ったおやつです。白砂糖を摂取することにより、血糖値が急激に上がってしまいます。身体はそれに対応する為に、インスリンを大量に出して血糖値を下げようとします。インスリンを分泌する際には、大量のビタミンとミネラルが消費されてしまい、体内の栄養バランスが悪くなってしまうのです。

更に、白砂糖はシミやそばかす、シワ、たるみの原因となる活性酸素を発生させやすくするので、肌の老化が進行してしまうのです。甘いものが食べたいと感じた際には、できるだけ自然な食材の甘みをとるように心がけましょう。メイプルシロップやハチミツ、キビ糖、希少糖、フルーツなどの甘味を活かして作られたスイーツなどがお勧めできます。

・トランス脂肪酸を使ったスナック菓子です。スタック菓子が食べたいと感じる時って誰にでもあると思います。しかし、油に注目してみましょう。トランス脂肪酸は体に良くないと言われていますが、細胞の老化を促進させるアンチエイジングの敵ともいえるのです。

日本ではトランス脂肪酸に対する規制は緩いので、減らす努力をしているメーカーもありますが、スナック菓子にはトランス脂肪酸が使われています。海外のスタック菓子は規制が厳しいので、トランス脂肪酸を使わずスナック菓子を作っているところもあるので、海外製のもののほうがお勧めできます。

実際に美容に気をつけて日常の生活を過ごしているという女性も多いと思いますが、アンチエイジングのために積極的に摂りたいおやつは、体内の酸化を防ぐ事が出来るものが良いと思います。

ナッツ類のピーナッツやくるみ、アーモンドなどはオメガ3脂肪酸が含まれていて、トランス脂肪酸を減らす効果を期待する事も出来ます。アーモンドは毎日20粒ほど食べることにより、ビタミンEによるアンチエイジング効果や食物繊維によるデトックス効果を期待する事が出来ます。何よりも大切なことは、無添加の物を摂取するように心がける事が大切になってきます。

ドライフルーツもお勧めできます。ドライフルーツは栄養価が高くて、鉄分や食物線維が豊富に含まれています。体を温める作用もあり、美容の為には欠かす事が出来ません。特にデーツがお勧めできますが、抗酸化作用を持っているボリフェノールが含まれているので、アンチエイジングに効果的です。

また、腸内環境を整える事が出来るマグネシウムも含まれていて、体の内側からの美を求めているという人には欠かす事が出来ません。特にこれからの季節は紫外線が強くなり、悩みを抱える季節となっていますので、外見のケアだけでなく、内側からのケアも同時に行っていきましょう。

実際に、たくさんの栄養素が必要となってきますが、食事などにより栄養バランスを整えてもおやつで減少させてしまうことになってしまうと苦労が報われない結果となってしまいます。

なので、何よりも、美を意識していく為には、体に良いというものを沢山食べるのではなく、きちんとバランスよく摂取する事が大切になってきます。スナック菓子や小麦粉を使ったおやつは女性の方は大好物ですが、摂取を控える事が大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional